« 10年目の真実(おおげさ(笑)) | トップページ | »

2012年7月15日 (日)

趣旨違うけどどーしても書きたかった(笑)

たくさん苦しんだよね
分けが分からないくらい泣いたよね

旅立ってしまった君に
僕らはいまさらあがいてる

帰ってこない君に
僕らはいまさら何かを教わっている

全部遅い
何もかも

大人たちは
怖かった
事実を事実と認めることが

そして何もできないと
最初からあきらめた

言い訳などいくらでもできるのだと
たかをくくって

ほとぼりが冷めるのを
したたかにも待っている

ずるいよ
君はどれだけ思ったのだろうか

正しいことが
正しいといえない世界

悪いことを
悪いといえない世界

簡単に君は消えさせられた
君自身の痛みはどんなに重くても

もし君と同じような思いをされてる
子達がいるのなら

君のもとにもう旅立たせてはならないだろう

君が命と引きかえに残した事実を

もう僕らは無視してはいけない

・・・・大津のいじめの問題がとりただされていますよね。
私は思うに、こういった子供による子供に対しての人権障害を「いじめ」と定義してる限り「いじめ」はなくならないと思う。

いじめという言葉がこのひとつの人権障害における被害者、加害者という概念をあやふやにし、大人たちの怠慢をカモフラージュしてる気がしてならない。

いじめってされる側つらいんすよ。(された経験あり)死にたくなるんです。本人が弱いとか強いとかそんなの関係なく。何がつらいって一番は見てみぬふりされるのがですよ。そしてそうする大人(先生)に失望した瞬間なんてたまらなく世界全体に裏切られた気がするんすよ。

学校って勉強だけ教えるとこじゃないっしょ。
本当にそうなら日本の学校って行く意味ないよ。

もう二十年近くこんな悲劇の繰り返しじゃないすか
いい加減何か学ぼうよ、気づこうよ。

悲しすぎる。

偉そうな日記ですいません。

« 10年目の真実(おおげさ(笑)) | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

> 偉そうな日記ですいません。

いえいえ、心にしみる内容と表現でした。
ボク自身、モノカキのはしくれなので、
掛け値なしの評価です。


気にしてないわけじゃないけど、
最近、自分のキョーミとカンシンが
違うところに行ってしまってるので、
自分のブログでは取り上げてませんが、
ボクが触れるとしたら
 基本的人権を侵す犯罪が、
 「いじめ」というオブラートに包まれてしまう、
 あたかも、純然たる窃盗であるはずが、
 「万引き」という別のものにすり替えられてしまうように、
なんて書くかもしれません。

うさぎさん、コメントありがとうございます。
いえいえ、日本の一教育者でもない私がこんなこと、書いていいものかと・・・

現場で働く先生には先生の事情というものもありますからね。
しかし、それをさしおいても今回の事態はある種私には人間として異常、あるいは異様にしかとらえられなかったのです。

他の国ではどうかわからないのですが、少なくとも日本には昔から「くさいものには蓋」
という言葉の通り隠蔽体質がはびこっていますよね。

そして今回のような事態を「度がすぎた、でもあくまでも子供間のいたずら」と軽く捉える一方「きちんとした被害者、加害者を定義づけできる人権障害」と捉える人もいる。

それは人それぞれの価値観の幅といってしまえば終わりなのですが・・・・
そんなあいまいな位置づけこそあの少年を死に追いやってしまったんじゃないかと思うのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣旨違うけどどーしても書きたかった(笑):

« 10年目の真実(おおげさ(笑)) | トップページ | »

無料ブログはココログ

アンケート

  • とーしつアンケート☆

にほんブログ村

  • にほんブログ村

相互リンクしてます♪